だらっくま

なまけもの女子大生が色々書くぶろぐです

アクセス解析。

 

ひさびざの更新。

アクセス数ゼロだろうな~とおもったら、

10月11人。え??

 

「JPCANADAの売ります買います」

のリンクから飛んできているみたいで・・・。

 

わたしが帰国のときに、売り出すために記事をかいたのですが。。

当然のことながら、もうおわっています。

 

せっかく足を運んでくださる方、誤解を招いてしまってごめんなさいね。

 

ではでは

はじめてのクロワッサン

 

 友達があそびにきたこの水曜日。

お互い極貧生活だから、おうちでクロワッサンをつくって遊ぶことに。

f:id:ncmin20v:20160908113621p:plain

cookpad.com

(Qmiぽさんお借りします!)

 

でも、おしゃべりしすぎて、全く作らず(笑)

女の子って、なぜこんなに話題がつきないのでしょうか!

たのしくて、たのしくて。

友は宝ですね!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ(笑)

 

さて、ということで木曜日の朝、

一次発酵のあとから1人でやりはじめたわけだけど、途中からHBの生地じゃないレシピをみはじめて(同様レシピの検索を怠った)、なにより、雑な性格が顕著に表れて、

失敗した( ;∀;)

バターがとけて、べっちょべっちょ!!!!

 結局、適当に丸め、ベンチタイム*スキップして、オーブンへ。(笑)

*カットしたパン生地を休ませる時間

 

完成品がこちら。。。

f:id:ncmin20v:20160908112553j:plain

パンというより、スコーン。ひどい。(笑)

外は焼けてるのに、なかが生で、追加加熱を繰り返し、結果この見た目に。

でも、カリモチッでおいしいです。味は!!!

 クロワッサンづくりにおいて、バターを挟んでからべちょべちょになるのは、よくある失敗みたいですね。

 

 今回パンをつくってみて、パン作りの基礎について少し調べたので、以下にまとめます。

 

パンつくりにおいてのカギは、「発酵」!らしい。
家庭でつくる場合には冷蔵庫で発酵させる「低温発酵」が主流。

温度が低くなるぶん、イーストの働きも鈍くなります。時間は8~18時間(サイトによって違くてよくわからない笑)必要ですが、冷蔵庫に放置できるので、楽!場所は、野菜室(5~7℃)が良いみたいです。ただ、発酵時間が長すぎると、パンがまずくなる原因になります。長くても、24時間以内に次の工程にいきましょう。

cafy.jp

ざっくり、

☆一次発酵

☆ガス抜き

☆ベンチタイム

この3つでパン作りはぐっと変わってきそうです。

 

また、クロワッサンのコツは、わかりやすい動画があったので、載せます。


クロワッサンの作り方 【マイスイーツ・動画で見るお菓子作り】

 思うに、一番のコツは

☆バターの包み方!

生地をのばす際に、バターがでてこないような包み方をしないと失敗します(笑)

 

 にしても~

最近は、動画でレシピが見られるようになったから、便利ですね(*'ω'*)

作る前に確認しておけばよかった~(笑)

 

クロワッサン、また暇ができたらつくります。

この失敗をいかして、今度はうまくできますように~

 

CanadianRockiesリアルレポート編!

 

こんにちは!

 

ロッキーいってからすぐ日本に帰国だったので、ばたばたしすぎて更新が遅くなってしまいました~

 

さて、ロッキー関連記事3投目。

今回は締めを飾る、わたしたちのリアルな体験レポートです!

 

ほんとうは最初の記事を編集するつもりだったんだけど、なんとなく、新しく打とうと思います。

 

 

☆1日目

Vancouver⇒Golden(約800キロ)

BC5、Trans Canada HWY、BC1の高速道路をつかいました。

休息地は、HOPE、KAMLOOPS、SALMON ARM、REVELSTOKE

 

かなり長時間のドライブになりますが、景色もいいし、道が広くてスピードもだしやすく、気持ちがよいですよ(*'ω'*)

f:id:ncmin20v:20160904063223j:plain

フロントガラスに鳥のフンやらおしっこやらが高確率で落ちてきます。

f:id:ncmin20v:20160904063517j:plain

150km/hくらいのスピードで通っていく。(笑)

 

途中にとまって撮影した景色。

f:id:ncmin20v:20160904063241j:plain

広大。

 

結構時間に余裕があったので、REVELSTOKEにて、MONASHEEというVIEW POINTに立ち寄りました。

f:id:ncmin20v:20160904065058j:plain

f:id:ncmin20v:20160904065107j:plain

あいにくの曇りでしたが、それでもリフレッシュ無事完了。

 

私たちは立ち寄りませんでしたが、時間に余裕があれば、Giant Cedars Broadwalkもおすすめですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

Giant Cedars Boardwalk Trail 行く価値あり? - トリップアドバイザー

 

そして、GOLDENでDREAMCATCHERというHOSTELに滞在。

Dreamcatcher Hostel

星4.8の好評価だけあって、土足厳禁の綺麗なホステルで、従業員の方も気さくでした!ただ、10時頃についた私たちは(ロッキーに近づくとマウンテンタイムで1時間時間が進みます)、キッチンの締め時間、Quiet time(11:30)まで時間がなくて少々ラッシュでした。なので、到着が遅くなりそうなときはおすすめできないかなぁ。。。急がなきゃ迷惑かけないようにしなきゃって、気が休まらないですね。ドミトリーでは、ドイツ人カップルが同室でした。15日間ロッキーに滞在するそうな。みんな長期滞在がほとんどみたいです。

 

☆2日目

GOLDEN⇒コロンビア大氷原

 

f:id:ncmin20v:20160904071025j:plain

ついに国立公園の敷地内へはいります!

来年2017年?からは公園内滞在費(駐車券)が無料になりますが、今はまだ確か1日ひとり8ドルくらいかかります。

 

 

f:id:ncmin20v:20160904071451j:plain

f:id:ncmin20v:20160904071552j:plain

Herbert Lakeだったかなぁ~。

 

f:id:ncmin20v:20160904071937j:plain

f:id:ncmin20v:20160904071923j:plain

Waterflow Lakeはきれいだし人もあまりいなくておすすめ。

 

f:id:ncmin20v:20160904072132j:plain

Mistaya渓谷。大迫力!

 

f:id:ncmin20v:20160904072148j:plain

たぶんキャッスルマウンテン。

 

f:id:ncmin20v:20160904072159j:plain

野生動物たち~♪

 

f:id:ncmin20v:20160904072218j:plain

コロンビア大氷原。ここは普通だったかな笑 

 

 

この日に滞在した、Rampert hostelはというと、シャワーは無し!ネットなど電力はすべてソーラー!(なので夜はネット大体8時半まで。) くまの出没地!という、大自然生活をたのしめる場所になっていました。シャワーの代わりにサウナ、夜はたき火、といった都会暮らしとはかけ離れた原始的生活は、なんだか非日常空間で面白かったです。といっても、1晩だけで十分かなぁ(笑)

 

 

☆3日目

BANFF周辺

この日から曇り空になっていきました( ;∀;)

f:id:ncmin20v:20160904073031j:plain

Banffにはビーバーテイル?カナダ新名物もありました。

バンフ市街は予想を上回る観光地です。

 

f:id:ncmin20v:20160904072956j:plain

f:id:ncmin20v:20160904073012j:plain

もりんレイクだかなんだかです。

個人的にはレイクルイーズより好きでした( ^o^ )

 

そして午後サルファー山を登ろうとしたけれど、途中雨が降ってきて断念。

天候にはさからえませんね。

 

 ☆4日目

BANFFにてトレイル

f:id:ncmin20v:20160905091714j:plain

f:id:ncmin20v:20160905091733j:plain

このRock Isle Lakeはかなりおすすめスポット!

朝早めにいけば人もほとんどいないです♪

 

f:id:ncmin20v:20160905091748j:plain

Jhonstonの滝?だったかな。

全てのスポットのうち、驚くほどごみや落書きが多くてがっかり。

 

 

5日目

またもやドライブして帰宅

 

載せてない名所もありますが、ざっくりということで。。。

 

 

☆まとめ

・台湾人のスケジュールは完璧だった!!!

・ガソリンはアルバータ州内が安い。

・レンタカーは4人くらいで行くのが◎。

・食費を抑えたければバンフのスーパーで買い物し、自炊するのが◎。

・HI系列のホステルなら会員割引あり。

・景色だけを楽しむのもいいけどロッキーでのハイキングは格別に気持ちいい。

 

 

なにか質問があったらどうぞ!

ではでは

 

以上です!

 

探究!Canadian Rockies!

 

明後日には出発ということで、

もっぱらロッキーに関する勉強に打ち込んでます( `ー´)ノ☆

 

知識は旅をより深くするから!

と、良い感じに理由づけして没頭してるけど、お金がぎりぎりすぎて引きこもり生活を余儀なくされているのである。。。(笑)

 

ということで、いいなぁと思ったYOUTUBE動画をいくつか載せたいと思います。

 


Canadian Rockies in 4K (Ultra HD)

 


Canadian Rockies Road Trip: Backpacking Documentary

 


Western Canadian Wildlife - Full Movie - With Directors Commentary

 

 

あとはこのサイト!

canada.jp

まだ全部チェックしきれてないけど、カナディアンロッキーの野生動物について詳しく、そしてわかりやすく書いてあります。

 

 

明後日には出発。

わくわくと緊張がつのってきます…

事故なく、楽しい旅になりますように。。

 

Rocky mountains4泊5日の旅!

 

5投目!

多分すごく重いのでPC推奨。

 

8月25日から5日間、バンクーバーからレンタカーで、台湾人ルームメイトと、

ロッキー山脈(Banff)旅行へ行ってまいります(*'ω'*)!!!

 f:id:ncmin20v:20160824081859j:plain

 

まずはルームメイトが丹念に練ってくれた(神!)旅程表を日本語でのせて、そして旅行後に写真と実際の旅行記録を追加したいと思います。

 

我がルームメイトは本当に良い人。

台湾人って基本優しいよね~(*'ω'*)☆

台湾人も日本の印象とってもいいみたい。

歴史上色々問題はあるけれど、現代日本をみて、その上で好印象って嬉しい。

いつか台湾行きたいな~(*'ω'*)☆

 

 

☆ロッキー旅行☆

 

1日目

6:00am 発 Vancouver

↓ 途中休憩( Hope, Kamloops, Revelstoke )

6:00pm 頃 Golden

*バンフから西に150km1時間半ほどの人口3700人程の小さな町。夏にはロッキー西側の玄関口として観光地となる。アウトドアスポーツ、特にラフティングで人気。

 

2日目

9:00am Golden出発

Yoho national park(ヨーホー国立公園)

*他の国立公園と比して観光地化されていないが、カナダ最高落差のタカカウ滝やエメラルド湖が有名な見どころ。ヨーホーは先住民言語で息を呑むほど素晴らしいという意味。

f:id:ncmin20v:20160823131353p:plain

f:id:ncmin20v:20160823131421p:plain

(C) Tourism BC/Dave Heath

Herbert Lake(ハーバートレク)

*他の湖のような氷河湖ではなく湧き水による湖。透明度の高い湖は鏡のようにロッキーの山々を美しく映し出す。地元民おすすめの隠れたスポット。

f:id:ncmin20v:20160823132005p:plain

Crowfoot Glacier(クロウフット氷河)

*1940年代に発見された当初山の氷河がカラスの3本足のようだったことから名付けられた。今はそのうちの1本が退行してしまい、2本足になってしまっている。

f:id:ncmin20v:20160824051919p:plain

Bow Lake(ボウ湖)

*ボウ氷河から流れ出した水による氷河湖。Simpson's Num-Ti-Jah Lodgeの赤い屋根、湖の青のコントラストは観光客人気のスポット。

f:id:ncmin20v:20160823135236p:plain

Fairmont Banff Springs(フェアモンドバンフホテル)

*ロッキー最大規模を誇る1888年創業の老舗ホテルで、景観はまるでお城のよう。一泊350CAD前後からとお高い。

f:id:ncmin20v:20160823143236p:plain

Bow Glacier Falls(ボウ氷河滝)

*上記のホテル付近にある落差の小さな滝。マリリンモンロー主演の「帰らざる河」のロケ地として有名。

f:id:ncmin20v:20160823134922p:plain


River Of No Return ( 1954 ) - MARILYN MONROE - Lyrics

 

Peyto Lake(ペイトー湖)

ターコイズ色に輝く、カナディアンロッキーを代表する湖のひとつ。ボウ峠付近にある展望台からはこの湖を一望できる。⇒ ハイキング予定

f:id:ncmin20v:20160823142541p:plain

Waterfowl Lake(ウォーターフォウルレイク)

*Upper LakeとLower Lakeのからなる湖で、キャンプ場として有名。美しい三角形のケフレン山とともに景観を楽しめる。

f:id:ncmin20v:20160823150954p:plain

Mistaya Canyon(ミスタヤ渓谷)

*「ミスタヤ」とは先住民言語で「大きな熊」という意味。グリズリーベアの生息地域なのか、はたまた見た目や雰囲気が所以なのかは謎だが、立ち寄る際は十分な注意が必要。ミスタヤ渓谷に流れる水はペイトー氷河、ペイトー川からのもので、最終的にサスカチュワン川と合流するそう。流れる水の速さには身の毛がよだつほど。駐車場から5-10分ほど歩くらしいが、登り道らしい。

f:id:ncmin20v:20160824053001p:plain

Crossingクロッシング

*バンフとジャスパーの中心地点に位置する、国道11号線と93号線(下記参照)のジャンクション。観光バスや、レンタカーほとんどがここで休憩していく。⇒給油、休憩所

f:id:ncmin20v:20160824053525p:plain

Weeping Wall(すすり泣く壁)

*シラス・マウンテンの雪解け水が断崖絶壁を涙のように伝う。冬は氷ついてしまう。

f:id:ncmin20v:20160824051357p:plain

Icefields Parkway(アイスフィールズパークウェイ=アルバータ西南間国道93号線)

*別名カナディアンロッキー・ゴールデンルート。未だ路線バス等交通機関が整っていないので、ツアーかレンタカーでしか通れないが、カナディアンロッキーの美しい山々や湖と平行走行できる特別なスポット。

f:id:ncmin20v:20160824054311p:plain

Columbia Icefield(コロンビア大氷原)

カナディアンロッキーのハイライトとして名高い、総面積325km²に及ぶ巨大な氷河。北半球では北極圏に続いて2番目に大きい。氷河の周囲はロッキーの山々に囲まれているものの、道路からもその一部をのぞける。しかし、むやみに氷河の上を歩くと、Crevasse(氷河や雪渓の大きな割れ目)転倒する恐れがあるので注意。

f:id:ncmin20v:20160824055251p:plain

宿泊先

HI-Rampart Creek Wilderness Hostel

www.hihostels.ca

 

3、4日目

 Banff周辺観光

 Sulphur Mountain(サルファー山)

*バンフの最も人気なスポット。ゴンドラ(大人39.95+TAX)を利用すれば、標高2281mまで一気にのぼることができ、バンフ国立公園最大レイクミネワンカやカナディアンロッキーの壮大な景観を楽しめる。さらにその先にはサンソンズピークと呼ばれるトレイルが続く。木製の遊歩道コースがきちんと整備されているので、老若男女問わず登れそう。

f:id:ncmin20v:20160824153511j:plain

 

宿泊先

HI-BANFF

www.hihostels.ca

 

5日目

Banff

Vancouver

 

とりあえずはこんなかんじ。

次はその関連動画のチェックと、野生動物たちを勉強して準備完璧にしたい!

こうして調べていくと気持ちが高まる~~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

たのしみ!

 

 

イエローナイフ4泊5日の旅

4投目!

イエローナイフにきた~!!

ついにきました。

 

私たちは今回オーロラビレッジというところを利用して、

www.aurora-tour.com

 

その中から一番安いパッケージプラン(DISCOVERY INN宿泊)に参加しました。

Discovery Inn - Yellowknife - Canada

 

3泊4日パッケージツアー代+延泊料金+追加オーロラ鑑賞=4泊5日!

 

そしてそして、

見れなかったらどうしようという心配は無用だったかのように、4日間連続(内LEVEL4、5各1回ずつ)オーロラばっちりみれました(*'ω'*)

華麗に夜空を舞う壮大なオーロラは、とてもきれいでした(*^-^*)♡♡

YKではオーロラが1年で約290日観測されるようです。すごい!

それでも、お店の来客ノートに「4日間一度も見れませんでした…」ともあったので、結局は運ですね。。

 

でも、ただ一言。

オーロラって、カメラ越しが断然綺麗です。本当に。

肉眼には限界があり、よくある写真やTVのオーロラは目に映らないので注意。(笑)

私「あれ・・・これがオーロラなん・・・???」と、少しなりました。

オーロラ旅行にいく方、一眼レフカメラと三脚はお忘れなく!!!

 

 

 

☆私たちの4泊5日☆

 

1日目

・お昼頃YK到着

・ホテルの隣のベトナム料理屋さんでご飯

(入った瞬間少年たちに「うわ、あの人たちこんなとこ来ちゃったねw」と笑われる。)

・気を取り直してガイドブックに載っているベトナム料理サイゴン

(入っているお肉の量がサイゴンのほうが多かった。フォーの肉団子美味。)

ダウンタウンを歩いて散策。お土産屋さんめぐり。

・帰宅してしばし仮眠。

・23時頃オーロラ鑑賞へ!

f:id:ncmin20v:20160823020653j:plain

(オーロラビレッジ内のレストランで白身魚のバーガーを食べる。高いけど美味。)

・4時半頃就寝

 

2日目

・昼過ぎまで爆睡

・ホテルのRED APPLEという中華料理+ジャンクフードのお店でご飯

f:id:ncmin20v:20160822113535j:plain

(RED APPLE BURGERはボリューム満点で最高!あと、1人前定食も美味!)

・オールドタウンへ

(歩いたら砂埃でのどがやられた。町の工事さんが道案内してくれて最終的に仲良くなった。→ YKの人たちはフレンドリーですよ~)

(Wild Cat Cafeで一休みし、マッスル貝とお好み焼きのようなものを食す)

・23時頃オーロラへ!

・4時半ごろ就寝

 

3日目

・お昼頃起床

・SUSHI NORTHへ

f:id:ncmin20v:20160823020746j:plain

(北極イワナの握りは高いけどせっかく来たなら食べるべし!とろけます!)

・インフォメーションセンターへ

(FREEツアー情報を逃していたことに気付く。初日にここ来ておくべきだった~)

→ 観光案内所では定期的にフリーツアーが開催される。YKで無料は希少価値。

f:id:ncmin20v:20160822103603j:plain

(オーロラビデオ、ならぬ世界ふしぎ発見をここで鑑賞。他の展示物も楽しめた。)

A&WROOT BEERを地元民にご馳走になる

f:id:ncmin20v:20160823020800j:plain

(初ルートビアでしたが、マズすぎ。身体に悪そう。笑)

→ ルートビア - Wikipedia

・Discovery Inn内のお土産屋さんで水牛革財布をGET!

(セール中だったので職人さん手作り長財布1万円ほどでした!値切りも成功し5%→10%オフへ)

・BOSTON PIZZAがWING NIGHTだったので夜ごはんへ

f:id:ncmin20v:20160823020707j:plain

f:id:ncmin20v:20160823020736j:plain

(ウィング15ドルで大容量でした!味はハニーガーリック、スパイシー、BBQの3種類くらいで、スパイシーとガーリックを半々にしてもらいました。水曜日夜にやっているので、ぜひ行ってみてください!)

・23時頃オーロラへ

・4時半ごろ就寝

 

4日目

・寝坊して11時ごろ起床し、観光案内所へ無料レンタサイクル!

f:id:ncmin20v:20160822115419j:plain

(レンタサイクルは晴天+週末だと、早くて10時頃にはなくなるので注意!)

・州議会を訪れたあと、Frame Lakeの遊歩道コースへ

f:id:ncmin20v:20160824081513p:plain

(岩道ばかりでサイクリングはタフでした(笑)。地元民は基本歩きだそうです。)

・一周まわりきらぬ辺りで道路へ。そこはまさかのニュータウン

・良い天気なのでそのままオールドタウンへ。パイロットモニュメントで写真撮影。

・23時頃オーロラ

・4時半ごろ就寝

 

5日目

・RED APPLEにて最後のお昼

・お昼の便で帰国

 

 

☆感想☆

 

イエローナイフは観光地ではないので、車無しでは食べ歩き以外楽しみがありません。なので、私たちのような初心者トラベラーは食費にお金がかかると思います。晴れた日のサイクリングは中々気持ちよかったですが、曇りだとオーロラまで何しようか…となってしまいがち。私たちはオーロラがしっかりみえたからよかったですが、もしも見れてなかったらと思うと、背筋が凍りますね。(笑)

 

個人的に、アジア人以外は基本空港でレンタカーしてイエローナイフを自由自在に楽しんでいるように見受けました。今後、彼らがどうイエローナイフを楽しんでいるのかをリサーチしてみたいと思います~!

 

 

がっかりVancouver観光

3投目。

 

ワーホリの仕事を辞めて、着々と帰国準備をはじめています。

 

そんな中昨日、日本からはるばる友達が遊びにきてくれました!

時差ボケが発生してしまい、2日目の夜は睡眠時間へ。。。

そして、わたしはブログをかいております。

 

バンクーバーと日本は時差が16時間あるので(今はサマータイムなので16だけど冬は17)、短期間での旅行は難しいですね…。

日本で規則正しく生きてる人ほど時差ボケが起こり易いということで、社会人になったら休みがとれないことに加えて、とれたとしても遠くへ旅行は難しいなぁと実感するのでありました。

 

 

さて、今回バンクーバーをはじめて観光客視点で歩きましたが、、

 

なんだこれ!?超つまらない!!(笑)

 

バンクーバーといえば、住みやすい街上位にいつもはいるCITYですね。

けれど、実はNO FUN CITYとも呼ばれているんです。

 

私がここに住んでみて抱いた感想は、

「プチ都会と、山、海がすべて手に入る場所だけれど、物価・税金は高いし、麻薬中毒者やホームレスも多い。そして道が汚い。」

 

もちろん、比較的きれいなエリアもあります!

それに、多国籍料理が移民者によって経営されていたりするので、その国に行かずとも、バンクーバーで本格的に楽しめるのが強いです。

 

けれど、わざわざ観光しにくる場所でもないかなぁ、というのが正直なところ。

私の生活は今まで英語学習中心だったから、カナディアンと生活して、英語しゃべるだけで満足だったし、休日はビーチやハイキング、睡眠(笑)で充実していた、って思う。

 

でも、観光客として訪れて、

わざわざ高いモノ買ったり(日本と比べて安いものもあるけど)、

時差ボケで疲れてるのにハイキングしたり(無理)、

ビーチで日光浴したり(せっかく来たのに昼寝…)

多国籍料理としてアジア系のもの食べたり(カナダじゃなくても良くね?)、

吊り橋みたり(日本のほうがよっぽどある…)

 

そんなんか?!もっとカナダっぽいのないんか?!

 

友達は日本からはるばる高い航空券だしてきてくれていたから、

なんか今日は、申し訳なさもあり、少しがっかりな日でした。。。。

 

明日からイエローナイフへ移動なので、このがっかりを挽回したい!期待!

一生の思い出に残る景色がみれますように!

 

おわり。