読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

    だらっくま

なまけもの女子大生が色々書くぶろぐです

がっかりVancouver観光

3投目。

 

ワーホリの仕事を辞めて、着々と帰国準備をはじめています。

 

そんな中昨日、日本からはるばる友達が遊びにきてくれました!

時差ボケが発生してしまい、2日目の夜は睡眠時間へ。。。

そして、わたしはブログをかいております。

 

バンクーバーと日本は時差が16時間あるので(今はサマータイムなので16だけど冬は17)、短期間での旅行は難しいですね…。

日本で規則正しく生きてる人ほど時差ボケが起こり易いということで、社会人になったら休みがとれないことに加えて、とれたとしても遠くへ旅行は難しいなぁと実感するのでありました。

 

 

さて、今回バンクーバーをはじめて観光客視点で歩きましたが、、

 

なんだこれ!?超つまらない!!(笑)

 

バンクーバーといえば、住みやすい街上位にいつもはいるCITYですね。

けれど、実はNO FUN CITYとも呼ばれているんです。

 

私がここに住んでみて抱いた感想は、

「プチ都会と、山、海がすべて手に入る場所だけれど、物価・税金は高いし、麻薬中毒者やホームレスも多い。そして道が汚い。」

 

もちろん、比較的きれいなエリアもあります!

それに、多国籍料理が移民者によって経営されていたりするので、その国に行かずとも、バンクーバーで本格的に楽しめるのが強いです。

 

けれど、わざわざ観光しにくる場所でもないかなぁ、というのが正直なところ。

私の生活は今まで英語学習中心だったから、カナディアンと生活して、英語しゃべるだけで満足だったし、休日はビーチやハイキング、睡眠(笑)で充実していた、って思う。

 

でも、観光客として訪れて、

わざわざ高いモノ買ったり(日本と比べて安いものもあるけど)、

時差ボケで疲れてるのにハイキングしたり(無理)、

ビーチで日光浴したり(せっかく来たのに昼寝…)

多国籍料理としてアジア系のもの食べたり(カナダじゃなくても良くね?)、

吊り橋みたり(日本のほうがよっぽどある…)

 

そんなんか?!もっとカナダっぽいのないんか?!

 

友達は日本からはるばる高い航空券だしてきてくれていたから、

なんか今日は、申し訳なさもあり、少しがっかりな日でした。。。。

 

明日からイエローナイフへ移動なので、このがっかりを挽回したい!期待!

一生の思い出に残る景色がみれますように!

 

おわり。